読者350人のメルマガで448,200円の売上が上がりました。

こんにちは。シノブです。

読者350人でいくら売上が立てられるか検証します
でお伝えしていたとおり、
読者350人でどれくらいの売上があげられるか
検証してみて結果が出ましたので
ここでご報告していきたいと思います。

既にタイトルに書いてあるんですけどね(・∀・)
目標としていた11人には届かず。。。
結果的には9人に販売して売上が448,200円でした。

今回は銀行振込とペイパルでの決済を受け付けまして、
以下がそれぞれの画像です。

 

これがペイパル分。6人が支払いしてくれました。

 

こっちが銀行分。3名が支払いしてくれています。

目標金額に届かなかったのが実は結構悔しいので
折を見てまた再チャレンジしますが、
まずは読者350人でどれくらい売上が立つか、
1つの結果が出せました。

今回は単価49,800円の商品が9人に売れまして、
成約率2.5%でした。塾やコンサルに比べ単価が低いので、
成約率は結構高めとなりましたね。

信頼が一番大事なメルマガでのセールスにおいて、
今回はその信頼残高が「ほぼゼロ」の状態で、
読者の属性と商品の相性と
メールの現場訴求力が
試されるセールスになりました。

以下、メルマガを運用する上で
一番大事なことなので、
色んなところで繰り返し
お伝えしていきますが、
メルマガで売上があがるというのは
「読者からの信頼を換金している」ということです。

日常的にどれだけ読者からの
信頼を積み重ねてきたかが、
結果となって現れてきます。

読者にとって価値のある情報を提供していくことで
その信頼は蓄積していきます。
逆にどれだけ優れたコンテンツを販売したとしても、
読者との信頼関係が構築されていない状態では
売上はほとんど伸びません。

これはメルマガでビジネスをする上で
念頭に置いて活動していって頂きたいです。

で、今回セールスを行った読者350人は、
ステップメール以外のメルマガを
一度も送っていない読者です。
ブログをどれくらい読んでくれているかはわかりませんが、
やはり信頼残高はほぼゼロ状態だったはずです。

僕のメルマガはせどり属性の読者が多く、
もっというと「田舎でせどりをしている人」が
比較的多いのです。
田舎だと店舗せどりをしようにも、
そもそも店舗の数が少なくて
十分な仕入れが出来ない事が多いんですよね。
そういった方向けに作られたのが
今回販売した「電脳せどり大辞典」です。

今回のセールスで1つの指標が出来ました。
次回以降はこの数字を参考に
色々と計画を立てていけそうですね。

同じようにせどりをしながら
情報発信している方は、
1つの指標にして頂ければなと思います。

また、以下に今回のセールスで送った
8通のメールを全て公開致します。
配信数、時間帯、開封数、クリック数なども
全てご覧頂けますので、
こちらもセールスの参考になれば幸いです。

【1通目】

【2通目】※ここでなぜか配信数が2名増えちゃってます

【3通目】

【4通目】

【5通目】

【6通目】

【7通目】

【8通目】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です