メルマガの無料プレゼントで情報を出し惜しみするのは止めましょう

こんにちは!シノブです。

「無料で情報やノウハウを教えちゃったら、有料にするコンテンツが無くなる!どうすんだよ!」っていうご相談を頂きました。わかる。めっちゃ戸惑いますよね。

結論としては心配は無用です。今回はそのカラクリをご説明していきます。

自分のリソースを無料コンテンツに100%出し切ろう

改めて今回の記事の結論です。いっちゃいましょう。100%。

人によっては本当のコアノウハウを有料で教えるみたいな人もいると思いますが、その方法はいずれマネタイズしづらくなっていきます。

1つのコンテンツにまとめるのは難しくても、全部無料で提供してしまって大丈夫です。

2次情報やノウハウの価値は相対的にどんどん低くなる

まず自分の情報やノウハウに関してですが、残念ながらこれは時間が経つにつれて陳腐化していきます。時代も技術も環境も変化の速い時代です。通用しなくなる可能性は大きいのです。

さらに、自分が有料にしている情報やノウハウも、他の人が無料で公開しているってことは結構あります。それは止められません。

本や情報商材なんかに書いてあるモノはすべて無料で手に入るようになります。

だからこそ、どれだけ成果のでる方法・情報・ノウハウも、相対的にはどんどん価値が低くなっていきます。そういう意味では例えばアフィリエイトなんかも、誰でも稼げるようになるチャンスはあるんですよね。

だけど実際には稼げない人もたくさんいる。それは「知る」と「出来るようになる」の間に大きな差があるからです。

「知る」を無料にして「出来るようになる」を有料にする

同じノウハウを勉強しても、成果の出る人と出ない人がいる。その差は「行動の量や質」かもしれませんし、型化されてるノウハウを個別化したり、適切なフィードバックをくれる「師匠」かもしれません。

いずれにせよ「知る」→「出来るようになる」には大きな壁があります。みんなその壁を超えたいけど、超えられない。挫折する人も出てくる。

ダイエットだって同じですよね。痩せる方法はわかってても、実際に痩せるのは難しい。だからこそ「痩せられる」には大きな価値がありますよね。

あなたの体験をベースにした1次情報には価値がある

一方で、あなたの体験をベースにした1次情報にはこれからも価値が宿ります。自分の事例や、結果から導き出した仮説、これからの予想などは価値のある情報です。

痩せるという「結果」にのみ高価値をつけているRIZAP

ダイエットといえば、RIZAPはご存知ですか?一時期CMが話題になりましたよね。あれはまさにこのパターンです。結果にコミットしてるわけですよね。

RIZAPが売っているのは、ダイエットノウハウでは無いのです。ダイエットを頑張らせてくれる環境や、お客さんそれぞれに合ったプランとフィードバックです。提供する情報ではなく、結果に価値を置いているんですよね。

だからこそ、30日間どんな理由でも完全返金対応に応じています。これは情報やノウハウには価値を置いてないっていうことなんですよね。「知る」と「出来るようになる」に大きな壁があることを知っているからです。

「この人との約束は破れない」と思われたら成果が出やすい

自分ならまだしも、お客さんに行動してもらって、さらに成果を出してもらうのはかなり大変です。セミナーや塾なんかでも実際に行動する人は良くて2割と言われています。

そうなると、行動管理したり適切なフィードバックも大切なんですが、いちばん大切なのは「この人との約束は破れない」って思ってもらうことだと思います。これだけしてもらってて成果を出さないわけにはいかないと思ってもらえれば、お客さんは行動してくれるようになります。

信頼してもらうために、まずは全力で価値提供する

自分を信頼してもらうって大変ですよね。信頼を目的や手段にするのってどうなって思いもするんですけど、ビジネスをしているのであればそれは必要だし、お客さんのためになると思うのです。

で、お客さんから信頼してもらうためには、まずは全力で価値提供です。その1つが今回の結論です。情報やノウハウは無料で提供して「出来るようになる」という部分に高い価値をつけてマネタイズしましょう。

また信頼関係にはスクリーニングも必要です。スクリーニングに関してはこちらの記事を御覧くださいませ

情報やノウハウではなく、あなた自身に価値を

どんな情報やノウハウを発信しているかを問われる情報発信だと、他のライバルとの差別化は難しいです。情報やノウハウに価値がなくなり、コモディティ化しているからです。

それに対して、「あなたが発信している情報やノウハウ」を求められる関係性になれば、他のライバルには負けません。何を言うかではなく、誰が言うかで勝負が出来れば、絶対に負けない。

だからこそ、メルマガの情報やノウハウではなく、あなた自身に価値を付けていきましょう。以下の記事ではそのための解説をしています。

影響力を持つ人は、大いなる責任を

それが行き過ぎると信者ビジネスとか搾取とかっていう話になると思うんですけど、盲目的に信じるものがあるって良くも悪くも結構強いです。成功する人もいれば、犯罪に繋がることもあるくらい強い。

なので相手の行動に影響力を持ちつつも、否定的な意見を聞いたり、自分の立ち位置や言動を振り返る機会は持つようにしましょう。正しさを押し付けたりするのはNGです。あくまでもお客さんの自発性を促す関係性を大切に。

3 COMMENTS

japanpoipoiworkuh へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です