メルマガのタイトル(件名)で開封率を上げようとするのは止めよう

こんにちは。シノブです。

今回はメルマガのタイトルで開封率を上げようとする施策って色々あると思うんですけど、個人的にはあまり意味が無いと思っています。むしろメルマガとしての効果を損ねる可能性もあるかなと思うので、その点を解説していきたいと思います。

「開封率を高くすること」はメルマガを配信する目的でも、目的を果たすための手段でもない

まずはメルマガを配信する目的を振り返ってみて頂きたいです。あなたがメルマガを配信する目的は何でしょうか。

「売上を上げるため」とか「お客さんに喜んでもらうため」とか、色々あると思うのですが、決して「メルマガの開封率を高くすること」が目的ではないですよね。

開封率を高くするっていうのは「目的」でも無ければ、売上などの目的を果たすための「手段」でもありません。読者との信頼関係があって、メルマガへの期待値が高くなった「結果」として開封率が上がるのです。

タイトルで開封率を上げる手法は売上につながらない

メルマガのタイトルを奇抜なものにしたり、たくさんの人の目に止まるようなものにすれば、確かに開封率を上げることは可能です。

ですが、そうやって上げた開封率には意味はありません。ただただ数字が大きくなるだけで売上には決して繋がりません。

何故ならメルマガでのセールスで売上を上げるには「見込み客となる読者」にメルマガを開封してもらう必要があるためです。

メルマガの開封率を上げるために必要な2つの要素

メルマガの売上を上げるためには、コンテンツの見込み客となる読者が確実に開封してくれるようなタイトルをつけることが大切です。その結果として開封率も上げることが出来ます。

それを実際に行うためにやるべきことは「ペルソナ」を決めることと、そのペルソナに確実に響くタイトルを考えることです。

ペルソナを決めることでメルマガの開封率を上げる

まずは見込み客のペルソナを決めることです。自分の売りたいコンテンツを必要としている人はどんな人なのか。あなたのコンテンツにワクワクして「そのコンテンツ、ぜひ売って下さい。いくらですか」と言ってくれるたった1人の読者は誰なのかを考えていきましょう。

メルマガのペルソナを決める方法や考え方に関しては以下の記事を参考にしてください。

このペルソナが決まることで、そのペルソナに響くタイトルを考えていくことが出来ます。

ペルソナに響くタイトル=コンテンツのコンセプト

ペルソナに響くタイトルを考えるときに意識して欲しいのは、自分のコンテンツの「コンセプト」です。

メルマガの件名は長すぎても端末では表示されません。限られた文字の中で見込み客の目に止まり開封させるためには、見込み客となる読者がワクワクするようなコンテンツのコンセプトを表現することが大切です。

そのコンテンツを通して得られるものや、そのコンテンツを手にした人が実現出来る未来を端的なコンセプトにまとめて、それをタイトルにしていきましょう。

3 COMMENTS

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です