キーワード選定に使える目的別ツール

こんにちは。シノブです。

ブログで記事を書いていこうと思った時に、
どんなキーワードで記事を書けばいいか、
悩むこともあると思います。

自分が想定している読者がどんな事に悩み、
どんなキーワードで日々ネットで検索をしているのか。
そのキーワードは日々どれくらい検索されているのか。
そのキーワードの関連キーワードは無いか。

それを知ることで、読者=見込み客に
より届きやすい記事を書くことが出来るようになります。
そして、そういった記事が貯まっていくことで、
ブログのアクセス数も徐々に上がっていきます。

今回は、記事を書くためのキーワード選定に使える
様々なツールを目的別にご紹介していきます。

[capbox title=”この記事のゴール” titleicon=’icon-book-open’ ]
・記事を書く時にキーワードで困らなくなる。
[/capbox]

どんなキーワードがあるかを
知ることができるツール

kouho.jp

例えばせどりというキーワードを中心に、
せどり関連のキーワードを
探すことが出来るツールがkouho.jpです。
ここで見つかるキーワードは実際に
ユーザーが検索しているキーワードが表示されます。

検索ボリュームを調べることができるツール

aramakijake.jp

「アラマキジャケ」という
面白い名前のキーワードツールです。
キーワード毎に検索ボリュームを調査出来ます。
また検索結果の順位毎の仮想流入数も予想出来ます。

SEOキーワード難易度チェックツール

このツールではキーワードの検索ボリュームと
検索結果に1位で表示された時の想定流入数、
そしてキーワードとしての難易度を測ることが出来ます。

ユーザーの生の声からキーワードを調べるツール

ヤフー知恵袋

ご存知の方も多いと思います。
ヤフー知恵袋は、ユーザーの質問に
ユーザーが答えるサービスですが、
これはユーザーのニーズを把握したり
キーワードの調査にも非常に役立ちます。

キーワード毎に検索してみて
質問数の多いキーワードは、
それだけ多くの人が悩んでいる
キーワードでもあります。

また、閲覧数の多い質問は
それだけ同じ悩みを持つ人が多いということです。
そこからキーワードのヒントを得られるかもしれません。

関連キーワードや検索ボリュームを
総合的に調べられるツール

キーワードファインダー

このキーワードファインダーは
自分のサイト、競合となるサイト
そして狙いたいキーワードを登録すると
関連するキーワードを毎日自動で取得してくれるツールです。
※有料のツールです。

Ubersuggest

こちらは海外のキーワードツールです。
検索したいキーワードと言語/国を入力して検索します。
無料で使えるツールですが、たくさんのキーワードを
探すことが出来ます。

GOOGLEキーワードプランナー

キーワードプランナーは本来、
Googleに広告を出稿するユーザーのためのツールですが、
キーワードの検索ボリュームや、関連キーワードを
検索することが出来ます。

※機能を全て使うためには数百円でも
広告を出稿する必要があります。

ahrefs(エイチレフス)

エイチレフスは有料のツールですが、
個人的には1番使いやすいツールです。

キーワードの検索ボリュームや
関連キーワードはもちろん、
各サイトの流入数と経路、
被リンクの推移なども追える
非常に高機能なツールです。

キーワードを調べるツールは
実は他にもたくさんあるのですが、
似たような機能のツールが多いので、
まずは上記のツールを使いこなしてみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です